「ホテル湯治館そよ風」    「ホテル熱海閣」より      最新情報をお届けします。    by ATAMI太郎


by atami-toujikan
カレンダー

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「豆相人車鉄道」
 「昔、熱海には日本初の人車鉄道があった!」
熱海市内「南明ホテル」の脇に、ひっそりとたたずむ『豆相人車鉄道(ずそうじんしゃてつどう)』の碑です。
c0150631_16273058.jpg

豆相人車鉄道とは、明治29年~40年にかけて熱海~小田原間を走っていた鉄道の事です。
蒸気機関が登場する前で、動力は人間(人力)! お客様が車両を人夫が押してレール上を走らせるものでした。
熱海~小田原間は、明治の初期まで山坂道を草履がけで歩くか、馬に乗るか、または山駕篭に乗るか、海路を行く方法しかありませんでした。明治14年に熱海~小田原間に県道が開通し、熱海にも10台の人力車が入り、雨宮啓次郎と地元の有志20数名により人車鉄道を計画しました。明治23年に特許を得て6年後の29年に、全線25kmが開通し、この珍しい人車鉄道が始まりました。
明治時代の鉄道資本家で「軽便鉄道王」と言われた雨宮敬次郎の発案。


ページ最初の写真は「豆相人車鉄道・熱海駅舎跡地」に建っております記念碑です。
古い写真を見つけました
c0150631_1722346.jpg
c0150631_173027.jpg
c0150631_17335535.jpg
c0150631_17341718.jpg
c0150631_17343766.jpg
c0150631_17345126.jpg


c0150631_16385292.jpg
上記写真は「上等車両」です。人車は、長さ1.62m幅1.5mで、上等(定員4人)、中等(定員5人)、下等(定員6人)に等級区別され、それぞれ客室の内装が異なっていたようです。
運賃は熱海~小田原間で1円(現在価格で約8,000円)だったそうです。その他の車両では、下等で50銭、中等で70銭だった。1台の車両に対して2~3人の人夫が押していました。明治31年(1898年)頃には、一日14往復で熱海-小田原間を3時間50分で結んでいたそうです。また、一番難所と言われた真鶴-江の浦間の急坂では下等の客は降りて人車押しを手伝わされた。そして下り坂になると、車丁は乗降口ステップに乗りブレーキ操作をしながら一気に下って行ったそうです。
今の時代信じられない話ですね。。
 
 こんな歴史のある熱海に住んでて良かったなーっと思う 
 004.gif ATAMI太郎でした。。。
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-29 15:26 | 熱海観光情報
久々のATAMI MESHIRAN(熱海メシランキング)の登場です。
今回は「そば屋」さんです。
 
本日ご紹介するのは、手打ち蕎麦の「善作」です。
熱海では有名なお蕎麦屋さんで、週末のランチの時間になりますと、行列が出来るほどの人気点です。
c0150631_1935427.jpg

蕎麦の実を手動石臼で粗く挽いて粉にし、全工程において機械を一切使わない、文字通りの100%手打ち蕎麦が最高です。こだわりのそば粉は、北海道産の中でも厳選された上質ものを使用し、見た目は細ちぢれ麺のように見えますが、こしがあり歯ごたえがたまりません。。
今までに無い、驚くほどの蕎麦の醍醐味をご体験いただけます。
間違いなくこの蕎麦こそMESHIRAN☆☆☆です。
★特に冷たいお蕎麦がいいですね。私は真冬でも冷たいお蕎麦をいただきます。
一番のお奨めは「辛み大根そば」です。季節ごとに変わる炊き込みご飯も美味しいよ~!
天ざる蕎麦には、揚げたての大きな海老や季節の野菜もサクサクでGoodです。
大判のかき揚も人気です。
 最後に「そば湯」も忘れずいただいてくださいね。

また、お刺身やお酒の肴も種類豊富ありますので、夕食時にもご利用できます。
c0150631_19361272.jpg
c0150631_19362639.jpg


店内は小上がり席6卓とカウンター席だけです(32席)。

毎朝自ら蕎麦を打つオーナーの善さんは、とっても気さくで明るい性格です。常連さんも多いお店です。
運がよければ、超大物作家や芸能関係の方などに出くわすことも・・・・!?
 
場所はグルメシティー(旧ヤオハン/セイフー)の初川を挟んだ向かい側。
お車でお越しの際は、マックスバリュー駐車場の隣にある「市営駐車場」をご利用下さい。(お店にて駐車無料券が頂けます)

営業時間 昼11:00~15:00 夜17:00~21:00
                (オーダーストップ 20:00)
定休日   不定期
静岡県熱海市中央町18-10  電話 0557-85-3260

※ 「ATAMI MESHIRANN」とは・・
f0155795_19142496.jpg

昨年発売された「ミュラン東京版」にあやかって、ATAMI太郎が独断で決めさせていただく熱海版です。「ATAMI MESHIRAN(アタミメシラン)」とは熱海の飯ランキングを(最大☆☆☆三ツ星)ご案内させていただくもので、関係者方々にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきたいと思います。 m(-_-)m
 
004.gif by ATAMI太郎
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-28 12:42 | 熱海観光情報
昨夜、熱海市内では強い雨と風が吹き荒れました。私(ATAMI太郎)も傘を差していても靴下まで濡れたほどです。
一夜明けた本日は晴天に恵まれ、とても暖かい朝でした。。。
 
伊豆は暖かいというイメージがります。確かに温暖な日が多いのです。
f0155795_18234473.jpg

昨日、友人の市川さんのブログ
(岐阜県は長良川/ホテルパークのスタッフブログ)
<ここだよ→http://blog.goo.ne.jp/hotel-park/>
を見たところ、興味深い情報がありましたのでご紹介いたします。
 
1月~12月の岐阜の平均気温  熱海温泉(網代測候所情報)と比較して
(平均気温)
  月   『岐阜』      『熱海』
  1月  4.3℃       6.9℃
  2月  4.7℃       6.7℃
  3月  4.7℃       9.2℃
  4月  8.2℃      14.1℃
  5月 18.6℃      18.1℃
  6月 22.5℃      21.0℃
  7月 26.2℃      24.5℃
  8月 27.5℃      26.0℃
  9月 23.5℃      22.8℃
 10月 17.7℃      18.1℃
 11月 11.9℃      13.7℃
 12月  6.6℃       9.4℃
 (年平均 15.5℃)  (年平均 15.9℃)
岐阜は、冬と夏との温度差が激しいことがわかりました。
平均気温は0.4度しか変わらないのですが、岐阜には飛騨高山、白川郷が控えていますので非常に寒いイメージがあるそうです。
 
熱海にお越しの際は、上記の温度を確認頂き、それなりの服装を整えてお越し下さい。
 
さて、下の写真は今朝ホテルそよ風別館で、お客様に出された朝食です。
f0155795_15573488.jpg

 アジの干物、わさび漬け、サラダ、煮物、しらす下ろしに切干大根、きのこの付け出しと手作り香の物、まぐろの中落ち、納豆、焼き海苔+御飯とお味噌汁です。
バラエティーな朝食でした。。。
 
本館の朝食は「和洋バイキング」となっております。
※注意 ご夕食・ご朝食とも、本館にお泊りのお客様は本館レストラン、別館にお泊りのお客様は別館レストランとなります。お食事の相互利用は対応いたしておりませんのでご了承くださいませ。
 

004.gif by ATAMI太郎
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-27 17:23 | ホテル情報
熱海は全国でも屈指の芸者街。ほとんどの芸者さんは派遣業社に相当する「置屋(おきや)」に属しています。現在熱海には少なくとも100を超える「置屋」があり、250名余りの芸者さんが活躍しております。 全国に約2,800人と言われる芸者さんの約1割強が熱海にいるわけですから、文字通り熱海は「日本一の芸者街」なんです。
 
f0155795_248554.jpg
熱海市では現在、この「熱海芸妓」を熱海の代表文化であると捉え、積極的に内外にアピールしています。
平成10年6月からは、「芸妓見番ぶらり―湯めまちをどり華の舞」と称して、芸妓見番(置屋の組合)を公開。熱海の伝統芸能を身近に目の前で観賞頂けます。
芸者さんの踊りを見た後は、芸者さんとの会話や、記念写真撮影もお楽しみ頂けます。
f0155795_2493435.jpg

◆「湯めまちをどり華の舞」は、熱海芸妓連歌舞練場「芸妓見番」を開放し、皆さんに芸妓連の踊りを観賞頂こうというもので、普段はなかなか見ることのできないプロの踊りをご堪能頂けます。地方(三味線等の演奏)・立ち方(踊り)の息の合った公演がご覧いただけます。
開 演      毎週土日 午前11時~1回
観賞料      お一人様1,300円(芸妓踊り・顔見せ・お菓子お茶付)
問合せ・予約  芸妓見番0557-81-3575
会場  芸妓見番(中央町17-13・初川沿い)
交通  熱海駅バスターミナル2番線発のバスにて約10分「清水町」下車)

 ※混雑しますので、ご予約をおすすめします。
 ※平日はお稽古風景も見学できます(要問合せ)
 
お座敷(ご宴会の席)に芸者さんを呼ぶというのは、いつの時代でも“粋な遊び”のひとつですね。最近では、ご家族旅行に芸者さんを呼ぶ方も増えています。
おいしいお食事を頂きながら、芸者さんとの会話を楽しむ、というのも、温泉と文化の街・熱海ならではですよね。
昨今は大きな宴席が減り、「とらとらとら」等お座敷遊びをご存知ない方が多いと思われますが、ご心配なく。芸者さんと一緒に明治大正時代から続く“粋”な日本の伝統文化を楽しみましょう。
ここで、芸者さんをホテルへ呼ぶ手順をご紹介しましょう。
次回のお座敷にはぜひ熱海芸妓さんに声をお掛け下さいませ。
1.宿へ宿泊の予約をする。
2.宿へ、芸者さんを呼びたい旨を伝えてください。
呼びたい人数・時間・希望の芸者さん(踊りの出来る子、落ち着いた子など)についても伝えて下さい。
3.宿が置屋・芸妓見番へ電話を入れ、派遣の要請をします。
人気のある芸者さんは1ヶ月以上前から予約が入っています。お早めに宿にご連絡下されば、ご希望に添った芸者を呼べる確率が高くなります。
 
玉代(ぎょくだい)とは、芸者さんに対してお客様にお支払い頂く料金のことを言います。
花代(はなだい)とも言いますが、直接芸者に支払うのではなく、宿の明細に組み込まれて、ご宿泊代と一緒のご請求となります。花代は宿によって異なりますのでご注意下さい。(料金についてはホテル現地へお問合せ下さい)
芸者さんの世界では、時間を「本(ほん)」で数えます。「1本(いっぽん)」とは30分のこと。「一座敷(ひとざしき)」は2時間ですので、本数にすると「4本(よんほん)」となります。
ご延長は30分単位です。(「6本」といえば3時間となります)
 
~よく使われる芸妓用語です~
置屋(おきや)  芸者が所属するエージェントのこと。熱海には約100あります。
見番(けんばん)  置屋の組合のこと。
一本さん(いっぽんさん)  大人の芸者。
半玉さん(はんぎょくさん)  芸者の玉子。
玉代(ぎょくだい)  芸者を呼んで遊ぶご料金。花代、線香代とも言う。
お座敷(おざしき)  芸者さんが招かれる宴席。
こま  少人数のお客様のお座敷。
立ち方(たちかた)  踊り手の芸者。
地方(じかた)    三味線や太鼓の演奏、唄をうたう芸者。別料金。
1本(いっぽん)   芸者30分の玉代。

コンパニオンもいいけど、たまには大人の雰囲気で芸者さんもいいですょ~。。
 
 
004.gif by ATAMI太郎


 








 
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-26 23:27 | 熱海観光情報

セーフティボックス

最近、公共施設やゴルフ場、日帰り温泉施設やスポーツ施設等でよく見かける「セーフティーボックス」ですが、お年寄り等にはまだまだ使いにくいとのご意見がございます。
ホテルそよ風本館には、すべての客室内に金庫がございますが、別館においてはご用意がなく、1階ロビーと男性・女性の各大浴場にセーフティーボックスを設置いたしております。
今回は、このセーフティーボックスの使用方法をご案内したいと思います。
 
このタイプのほとんどのセーフティーボックスは使用方法が一緒のようです。
f0155795_2046555.jpg
 
f0155795_20462250.jpg
この画面で、使用したいボックスの番号三桁○○○を入力いたします。
f0155795_20464343.jpg
今回は030番のボックスを使用しますので
f0155795_20521030.jpg
030と入力します。
f0155795_20471156.jpg
すると赤いランプが点滅します。この扉を選んだとの合図です。次に4桁の暗証番号○○○○を入力すると
f0155795_20475483.jpg
オープンします。貴重品をお入れ下さい。
同時にキーボードの上からお客様が使用しているボックス番号が印刷されたレシートが出ますのでお取りください。※これはお客様がどこに入れたかを証明する物です。暗証番号は印刷されませんので、紛失してもご安心できます。
f0155795_2048141.jpg

 
さて、今度は開放の仕方です。。。
最初の画面へ同様にボックスの扉番号を入力→暗証番号を入力しますと次のような画面が現れます。
f0155795_20483721.jpg
「引き続き使用しますか?」
1.イイエ  2.ハイ
2のハイは、そのまま同じ暗証番号で何度も使えますよ という意味です。貴重品を出して、このボックスを今後使用しない場合は1.イイエを押します。
f0155795_2049930.jpg
扉がオープンしました。 
f0155795_20493451.jpg
1.イイエを押したのでこのような表示がでました。 
2.ハイを押しますと引き続きご使用できますとの表示がでます。同じ暗証番号で何度でも出し入れが出来ます。
 
 
昔はカギのロッカーでしたが、カギを落とすと大変なことになりますが、暗証番号は人の頭の中にある大切なカギです。安心してご利用いただけます。
 
 
使用方法はもうすでにご存知の方も多いと思いますが、今一度確認の意味でご案内させていただきました。
 
 
004.gif by ATAMI太郎
 
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-25 23:41 | ホテル情報

新 熱海みやげ

熱海は
日本屈指の「だいだい」の産地!

 
 「だいだい」はミカン科・ミカン属の一種で、景行天皇の時代にインドから輸入され、日本各地で栽培されています。
f0155795_16192859.jpg
その中でも熱海は、明治時代から栽培され、日本でも屈指の生産を誇り、全盛期には「マーマレードオレンジ」と称し北米にも輸出されていました。
 「だいだい」の名称は、果実を採取しなければ新旧三代の果実を同じ樹上に見ることが出来ることから「代々」の名が生まれました。また、これが子孫繁栄に通じることから、正月飾りに使われるようになったのです。
 「だいだい」にはビタミンB1、B2、C等が含まれていて、食欲不振・消化不良・胃炎・風邪・肌荒れに効果があるといわれています。
果実は酸味が強く、生食用には向かないが、食酢として利用され、花が香油の原料となります。また、ペクチン類を多く含み、マーマレードの原料には好適です。
 
そこで、熱海産「だいだい」を100%使った新商品シリーズをご紹介いたします。
 
☆だいだいマーマレード
f0155795_15544793.jpg
多賀(熱海)の太陽をいっぱいに浴びて育っただいだいをじっくりと時間をかけて作ったマーマレイドです。

☆だいだい(味付)ぽんず
f0155795_1554112.jpg
【だいだいの味を生かしたドレッシング】1)熱海の橙果汁のみ使用2)醤油は国産無農薬有機栽培の大豆、小麦粉のみを使用3)鰹節は鹿児島、昆布は北海道産を使用4)酢は国産無農薬100%の有機米酢を使用5)食品添加物は一切使用しておりません。
名称 味付けぽんず
原材料名 有機醤油(本醸造)、だいだい果汁、醸造酢、みりん、鰹節エキス、昆布エキス、(原材料の一部に小麦粉を含む) 内容量 300ml
 
☆だいだいドレッシング
f0155795_16185242.jpg
だいだいの香り、皮の持つほろ苦い味そのものをストレートに出した、だいだいそのもののドレッシングです。
太陽に恵まれた実りの里の元気な味です。
名称 だいだいドレッシング(分離液状ドレッシング)
原材料名 植物油脂、醸造酢、だいだい、糖類(果糖ぶどう糖液糖)、食塩、マスタード、玉ねぎ粉末、香辛料、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、香料、酸味料、(原材料の一部に大豆、りんごを含む) 内容量 200ml
 
☆だいだい飴
f0155795_16243711.jpg
ビタミンCやクエン酸が豊富なだいだい果汁入りのあめです。
さっぱり感のするあめです。
 

熱海のお土産として人気上昇中です。
 
本館売店にて販売いたしておりますので、ぜひご利用下さい。
f0155795_16263179.jpg

 
 
004.gif ばぃ ATAMI太郎
 
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-24 16:30 | 熱海観光情報
昨日から穏やかな天気が続いています熱海温泉です。
今朝は例年に比べとても暖かい朝でした。
 
熱海梅園は、今週末から来週末に掛けてが2008年一番の見頃のようです。今年は寒い日が続いたせいか梅の花の状態はとても良好!!
f0155795_12424712.jpg

中咲きも だいぶ咲いていい感じです。思いのままや紅千鳥など咲きはじめています。
思いのまま
f0155795_1323369.jpg

紅千鳥
f0155795_134766.jpg

 
さて、糸川沿いの「あたみ桜」。
今日~明日までが見頃でしょうか・・・?!
f0155795_12523776.jpg

f0155795_12525294.jpg


だいぶ散り始めでおります。
 
2月5日のブログ「特集 熱海の桜」でご案内したとおり、熱海市内には、まだまだ多くの桜が咲きます。梅園の梅も暫く楽しめます。暖かい熱海温泉へぜひお出かけ下さい。
 
 
004.gif by ATAMI太郎
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-23 13:03 | 熱海観光情報

本館地下1階です。

本館地下1階、岩盤浴「嵐の湯」の奥には、中国整体とコインランドリーがございます。
f0155795_15364421.jpg

中国人の先生が、中国式本格整体を施術いたします。
f0155795_15373891.jpg
f0155795_15374935.jpg

f0155795_1538389.jpg

日帰り温泉の方もご利用できます。
 
また、整体コーナーのお隣には、「コインランドリー」がございます。
 現在4台の洗濯機、乾燥機が稼動中です。
f0155795_15421576.jpg

滞在のお客様や、夏季期間の海水浴帰り等の際にご利用いただけます。
別館1階にも1台のご用意がございます。
f0155795_15423227.jpg

 
ぜひご利用下さい。
 
 
004.gif by ATAMI太郎
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-22 15:43 | ホテル情報
本館正面玄関前にある「熱海フードセンター」です。
「生鮮工房 我旬」という看板が目印です。
店内では生鮮食料品等を小売販売する小さなスーパーです。

f0155795_15542729.jpg

しかし、観光客には人気のお店なんです。
店先には、多くの地場産野菜、果物、海産物が並べられ販売いたしております。
地元(伊豆半島)産の野菜や果物たちです。
f0155795_15491021.jpg
f0155795_15493228.jpg

みかんの一種「ポンカン」は、味が濃厚で甘味が強い果物で、伊豆半島では人気の果物です。
河津産と下田産で、何故こんなに値段が違うんでしょうか。
f0155795_1552441.jpg

海産物もあります。
f0155795_15544463.jpg

f0155795_15545735.jpg
程よい大きさの「かますの干物4枚入り」と「アジの干物4枚入り」が、各450円です。
秋刀魚の干物5枚入りで450円、いわしは沢山はいって450円でした。
f0155795_15563913.jpg

 
f0155795_15582237.jpg

西伊豆産の「なのり」や下田産の「のり」は、焙って召し上がると磯の香りがして最高のおつまみですよ。
 
f0155795_1849183.jpg

竹炭が通常の半額だそうです。。。 健康志向が流行の今にピッタリですね。
 
ホテルのチェックインやチェックアウトの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
 
 
 004.gif by ATAMI太郎でした。
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-21 18:53 | ホテル周辺情報
熱海から三島・沼津(東名高速等)方面へお帰りの際、ぜひお立ち寄りいただきたいスポットをご案内いたします。
伊豆 村の駅です。
c0150631_16453595.jpg

熱海より熱函道路で三島方面へ。国道136号を三島方面へ右折。約1.5km左側にございます。
c0150631_1647294.jpg

伊豆の名産の名産品に加え、お店のオリジナル商品が沢山揃うお店です。
◆お土産コーナー
 店内には、所狭しと並べられた伊豆の特産品に注目。
【専門店】
 
 ○農産物直売所
 
c0150631_16482357.jpg
地元の農家の人が丹精込めた野菜をはじめ朝取りの野菜を食卓に提供します。新鮮野菜はもちろん生産者・作り手の顔が見えるといった信頼できる商品を全てのショップにご用意しております。伊豆・村の駅で販売されているお野菜には、生産者さんの名前が記載されています。
また中央入口には生産者さんの紹介コーナーも設けてありますので、安心してお買い求めいただけます。
 
 ○海鮮問屋
c0150631_16542364.jpg
沼津港で水揚げされた新鮮なお魚をはじめ、伊豆の各港からの素材や厳選したものを取り揃えました。沼津を代表する日本一の干物、下田に代表される金目鯛、駿河産のしらす、桜海老、南伊豆のアワビやさざえもご用意します。
c0150631_16545539.jpg

 
 ○チーズ・ミルクのファクトリー
c0150631_173576.jpg
c0150631_1734017.jpg
c0150631_174291.jpg
本場のチーズ職人もうならす芳醇なベイクド・チーズケーキ。口の中で溶けてしまいそうなルーブルフロマージュ。また丹那牛乳さんから直送の牛乳を使った牛乳プリンは、楽天ショッピングなどのインターネットサイトでも大人気です。
c0150631_1713562.jpg

 
 ○がんこ豆腐
お豆腐屋さんの匠の技をその場で体感でき、ざる豆腐はできたてを召しあがることが出来ます。中でも十勝産の手より大豆と天然井戸水、にがり(伊豆は土肥の天日干し塩田の天然にがり
c0150631_1765595.jpg
)にもこだわった一ざる五千円のざる豆腐、ごま豆腐、厚揚げ、がんもなどもございます。
c0150631_17303591.jpg

 
 ○わさび漬けの「あおいや」 
c0150631_1782429.jpg
富士の清流、天城の清流の恵みを受けた山葵(わさび)を販売。わさび漬けも、酒粕から選べるオリジナルわさび漬けが味わえる専門店です。中でも八海山の酒粕を使ったこだわりわさび漬けは逸品です。

 ○ベーカリー「朝日屋」
c0150631_17104155.jpg
パンの歴史は天保十三年韮山の江川太郎左衛門により全国に広がりました。歴史を守り、かつ新しい味を創造した独自のパンを提供。こだわりの食パンや地元のイチゴをたっぷり使ったメロンパンなど、味とオリジナリティーが人気。富士山麓の水を使った名水食パンもお奨め。
 
 ○伊豆「金目屋」
c0150631_1714543.jpg
下田より直送された地場産の金目鯛、天日干しの金目の開き、無添加・無着色の加工品、全てにこだわった金目の専門店です。
 
 ○いちご屋
c0150631_17164670.jpg
伊豆は章姫、紅ほっぺ等のいちごの産地です。このとれたてのイチゴを使って作られたジャムは最高です。
 
 ○米屋の「権太郎」
c0150631_17202271.jpg
あいちのかおり、静岡産こしひかり、静岡産ひのひかりなど地元米をはじめ、魚沼産こしひかりなど全国有名ブランド米も含め10数種類が揃うえ。○○さんのお米、生産者の顔はもちろん産地、こだわりすべて伝えます。量り売りいたしますのでお試し買いもできますよ。

 ○静岡茶の「幸寿庵」
c0150631_17214569.jpg
茶処静岡が自信を持っておくるお茶専門店です。実演販売もいたします。中でも茶畑でも一部からしか採れない、50グラム36,750円の究極のお茶は別世界の香りとか?!

【その他】
 
c0150631_17264245.jpg
他にも伊豆の特産品も沢山ご用意してます。
伊豆多賀名産のだいだいジュースにジャム・お味噌・ポン酢や、大人気の鉾八のひとくちかまぼこもお奨めです。
お奨め<村の元気納豆>伊豆の海をゆらめく栄養豊富なわかめを、国産大豆原料の手作り納豆に合わせました。わかめは地元の漁師が海から必要な分だけを丁寧に採り、納豆は国産大豆を職人がじっくり発酵させていますので、体によいことはもちろん新しい伊豆の名物の誕生です。
 
 ○花子の生活<お花屋さん>
 
c0150631_17344643.jpg
生花はもちろんインテリアグリーン、プリザーブドフラワーのアレンジなども人気です。
 
【飲食部門】
 ○たまごや
 
c0150631_1847730.jpg

c0150631_18482529.jpg

『たまごや』が自信を持って販売する『日の出たまご』です。ふつうのたまごは黄身が黄色ですが、このたまごはオレンジ色をしています。本来のうまみが味わえる良質なたまご。プリプリっと盛り上がったオレンジ色の黄身と二段になっている白身、箸でつまむことが出来ます。
その他にも『青空たまご』『幸福たまご』『満点たまご』『ふるさとたまご』『初産たまご』『にこにこたまご』『採りたてたまご』『健康たまご』『お祝いたまご』『とくとくたまご』『塩茹でたまご』があります。
また、大人気の極上の親子丼は、厳選したお肉、卵を贅沢に使っています。
c0150631_185129100.jpg
備長炭で皮目をキツネ色に香ばしく焼きあげ、地元の健康たまごをふんだんに使い、秘伝のタレで作り上げた日本一の親子丼です。絶対に食べていただきたい一品ですね!
「ハヤシライス」もお奨めです。
c0150631_18552586.jpg

でも、何といっても「日の出玉子の生たまご掛けご飯」でしょう~。コレに挑戦してください。
 
 ○「丼屋九兵衛」
新鮮な海鮮ネタを使った丼専門店です。
c0150631_18572470.jpg
新鮮素材をそのまま活かした丼ぶり専門店。桜海老のかき揚げ丼、マグロ丼、海鮮丼、穴子丼などがお奨めです。
一番人気メニューは生のマグロだけを使った「生まぐろ丼」。お魚屋さんだからできる鮮度抜群の丼はお口の中でとろける旨さ。絶品です。また、おすすめは、8種類ものネタを使った贅沢丼「海鮮丼」。
 
 ○おばあちゃんの「うめえら食堂」
c0150631_1911425.jpg
昔懐かしいあの頃食べた家庭の味、お袋の味を揃えています。郷土に伝わる料理、懐かしい味などが集う食堂です。その名も方言“うめえら”(おいしいでしょ)という意味。20種類を超えるメニューを揃え、地元のお米をはじめ、こだわりの米を釜で炊きあげてます。テイクアウトOK、その場でも食べられます。
このお店の名物「幻の玉子焼き」はいかが
宗田カツオのコクのあるだし汁にアルコール分を飛ばしたお酒・数種類の厳選素材で作っただし汁は天下一品です!
たまごも産みたての新鮮な物のもを使い、じっくり時間をけ、まんべんなく焼き上げたふっくた極上の厚焼き玉子です。
この厚焼き玉子はひとつひとつ職人の手によって焼き上げられます。そのため一日に販売できる個数に限りが有り、なかなかお目に掛れない幻の逸品。購入できたお客様のほとんどがリピーターになるそうで、魅惑の厚焼き玉子だそうです。
運良くお目にかかれたときは是非是非買うべし♪

 ○Dash!!ポテト
c0150631_1985442.jpg
日本初、じゃがいもスライサーを開発し、スライサーによってスライスされたじゃがいもをその場で揚げたアツアツポテトチップスを販売しています。少し厚めにカットされたポテトチップスは、中はほっくり外はサックリでたまりません!
フレーバーはガーリック、塩・コショウ、カレーの三種類があります。袋にポテトとフレーバーを入れ、ガシャガシャ振って混ぜて食べます。
その他にも、ソフトドリンクやこだわり生乳ソフトクリーム、紫芋ソフトも販売しているファストフードショップです。
 
こんなに沢山のお店が、一つの店舗に凝縮されれています。まさしく伊豆のお土産と、特産物が手に入る施設です。
これだけ見れば、行きたくなるでしょう~??!
 
■営業時間は9時~18時 休日のみ19時まで(飲食部門はお店によります)
  駐車場完備(大型バス5台)、乗用車120台可
 
 詳しくは、こちら→http://www.muranoeki.com/index.html
 
 
 
004.gif by ATAMI太郎
[PR]
by atami-toujikan | 2008-02-20 13:20 | ホテル周辺情報